最近の記事


月別アーカイブ


リンク


結婚式PART①&近況報告

土曜日、0G・ミキの結婚式に招待していただきました
場所は、彼女の大好きな東京ディズニーランドがある舞浜・・・シェラトンホテルで式を挙げ、その後披露宴2次会はイクスピアリ内にあるMAX BRENNERというチョコだらけのお店でした。
_20171014_183720.jpg
2次会には、私が飛鳥高校赴任当時の女子サッカー部員たち(1~3年生)が、たくさん集まって、まるでOG会みたいでした

私が飛鳥に赴任して、初めて女子にサッカーを指導した頃・・・初心者が半分以上でしたが、まさにスパルタ式で練習を行い、大躍進する土台となったメンバーたちです。
そんな中で、身長はさほど高くないミキは、みんなが嫌がるゴールキーパーに立候補し、いつもドロドロになって懸命に練習・・・いつも笑顔で前向きに取り組んでくれていました。
披露宴のテーブル席に案内されてビックリ主賓席ワオー。
_20171014_144037.jpg _20171014_144109.jpg
いつもやさしい笑顔で人気者のミキでしたが、時に私の叱咤激励??に顔を曇らせる時や、目から涙をこぼすこともありました。
ミキのゴールを守る時の構え・・・いつもちょっと変でした(笑)
本当にヘタクソだったけど、闘う気持ちは最高でした
レベルの高過ぎる要求をして、本当にゴメンナサイ!!
_20171014_183552.jpg
二人の披露宴に出席した8期&9期の女サカで記念写真↑
_20171016_192955.jpg _20171011_184530.jpg
夢の国の周りは、本当に人が多かった・・・先日、ミキやミドリたちの系譜を受け継いだ13期キャプテン・シオナゴが、JICAの活動を終えてカンボジアから帰ってきました。

試験1週間前のため、部活動はオフでのんびり・・・木曜日、野外活動の授業で荒川遊園に20名を引率して釣りに行ってきました。
_20171016_192631.jpg _20171016_192701.jpg
今回、1匹も釣れなかったのは・・・男子サッカー部の主将・コウスケ君、スケボー・カズキ君、軽音部のリョウカさん!そして、私(笑)
軽音部の天才ドラマー・コウザブロー君は、1匹も釣れない男子2名の横で、10匹以上を一人で乱獲していました(爆笑)

スポンサーサイト

vs成城学園(高校1部リーグ⑥) vs文京学院(JKリーグ③)

3連休の最終日・・・午前中に高校リーグ・成城学園戦、午後は男子サッカー部の練習試合・上野高校戦、そして夕方からはJKリーグ第3節・文京学院戦と3連発となりました。

飛鳥にとって最後になる可能性のある高校1部リーグ
2年ぶりの優勝を目指す飛鳥にとって絶対に負けられない第6戦の相手は、いつもチーム一丸で全力プレーする成城学園でした。
1507634143693.jpg
成城の特徴は、早いプレスとコンパクトな守備!それに加えて球際での気持ちのこもったプレーで粘り強い・・・そこに要所に配置された数人のテクニカルな選手がアクセントをつける。
苦戦は覚悟していましたが、まさかの先制ゴールは成城学園・・・前半のはやい時間帯に与えたペナルティエリア外のFKから、GKの頭上に素晴らしい軌道のシュートを決められました。
歓喜の輪ができる相手チーム・・・ちょっと嫌な展開でしたが、ポゼッションで上回る飛鳥は、7ヨウコからのスルーパスを25サナコが抜け出し同点とすると、やっと落ち着きました。
さらに前半終了間際にも、21ミオの思い切りの良いミドルシュートが相手ゴールのネットを揺らし、2-1で折り返しました。
後半は完全に飛鳥ペースとなり、36ユキノのCKから7ヨウコがヘッドで追加点!さらに35リョウの右サイドのカットインから、7ヨウコがごっつぁんゴールを押し込み、4-1で勝利しました。

男子サッカー部は、上野高校に40分ハーフで負けましたが・・・3本目にオーバーエイジ枠で私も出場(笑)あまり良いプレーできませんでしたが、1-0で勝利し結果がでました(自慢)

夕方6時キックオフのJKリーグ・文京学院戦!私は、試合開始30分前に十文字大Gに到着!阿部先生の采配を見守りました。
育成と勝利を両天秤にかけつつ、内容もポゼッション重視で闘う飛鳥は、ビルドアップのパススピードや判断、広い視野、ファーストタッチとボールの置き所など課題が残りました。
1507634196166.jpg
自爆して失点しそうな危ないシーンもありましたが、3-0で2勝目!さらに最近ノーゴールが続いていた昨年度のJKリーグ得点王9シオンが2ゴール♪良いきっかけになるかなぁ

今日でいったん長期のオフ(中間考査)になります。
勉強を最優先としながらも、意識高く体調管理・・・しっかりリフレッシュしてオフ明けすぐに関東秋季大会で藤沢清流と対戦です。
さぁみんなで秋季大会2年覇 トップを目指しましょう

vs東久留米総合(JKリーグ②)&レジェンドマッチ

ジェフユナイテッド千葉の歴史を創ったレジェンドたちがフクダ電子アリーナに集結!!夢の試合を観戦してきました。
1507449251536.jpg _20171008_172104.jpg
チケット売り場で遭遇!2ショット CBで先発出場

「スタートトゥデイ(ZOZOTOWN) Presents ジェフユナイテッド市原・千葉レジェンドマッチ」↓中央2列目、ネコの隣に阿部先生♡
_20171008_165633.jpg
15分ハーフの楽しい試合は、2-2で引き分けでした。
_20171008_165705.jpg _20171008_165721.jpg
一方のJKリーグの第2節は、東京国際大学グラウンドで都立のライバル・東久留米総合と対戦・・・2-1で初勝利をあげました。
新人マネージャー・のぞのぞが試合前の写真撮影を担当♪
なぜか?みんな大爆笑の様子?笑う門には福来たる?
1507448554158.jpg
前半の内容は最悪だったのですが、相手の拙攻にも助けられ、この時間帯を1失点でしのぐと・・・後半、ギアチェンジした飛鳥が交代出場した24ヒナのゴールで逆転勝利しました。

初戦は勝ちゲームを落とした感じでしたが・・・今回はその逆なイメージ♪サッカーの難しさ、奥深さなのか?まずは結果オーライ
同じ都立には負けられない!内容が伴わなくても、結果が求められる試合での勝利は、とても貴重な1勝だと考えています。
次節は、内容&結果が伴う最高のゲームを・・・

祝 ジェフ千葉レジェンドマッチに阿部先生出場(笑)

ジェフユナイテッド市原・千葉は、10月7日(土)ファジアーノ岡山戦にて、ジェフユナイテッドの歴史を創ったレジェンド達がフクアリに集結し、この日限りの夢の試合「ジェフユナイテッド市原・千葉レジェンドマッチ」を開催するそうです

ジェフHPの予定出場者には、あの韓国のストライカー
              ↓
崔 龍洙      年齢:44歳
ポジション:FW  ジェフ所属シーズン:2001~2003
Jリーグ出場歴:121試合/75得点
ジェフ出場歴:73試合/54得点
補足・近況等:元韓国代表 2013アジア最優秀監督(FCソウル)ジェフ在籍時63ゴール

と・・・ともに、出場予定OG選手として、本校教諭で女子サッカー部のヘッドコーチの阿部麻美先生が出場することになりました。
  じゃじゃーん↓
阿部 麻美     年齢:32歳
ポジション:DF   ジェフ所属シーズン:1997~2010
補足・近況等:2010なでしこオールスター選出


俺は絶対に観に行きます(笑)絶対に・・・
詳しくはジェフユナイテッド千葉ホームページ→http://jefunited.co.jp/news/2017/09/homegame/150538680010808.html

vs成立(JKリーグ開幕戦)

第3回JKリーグ(トップ8チーム総当たり)が開幕しました。
1506944089502.jpg
飛鳥は第4試合で、成立学園と対戦しました。

登録メンバー15人中、主力選手2名がケガのため出場できず、交替メンバー2名という苦しいチーム事情ですが・・・出場できる選手たちにとっては、逆にチャンスだととらえています。
前半から飛鳥はしっかりポゼッションし、ある程度ゲームの主導権を握りながら試合を進め、決定的チャンスを何度か作り出しました。
1度目をシュートミスした23マナカは、2度目のチャンスできっちりとゴールに流し込み先制!前半を1-0で折り返しました。
後半も優位に進め、相手にチャンスらしいチャンスも与えない展開だったので、主力の3年生に替えて2名の選手を投入しました。
その後も、成立DF陣の粘り強い守備の前になかなか追加点を奪えずにいると・・・信じられないミスで、相手に同点とされました。
相手が遠目から打った力のないシュート・・・何でもないワンバウンドを、守護神として信頼しているGKワキがファンブルして、ゴールラインを越えてしまいました。
あ然とする飛鳥ベンチ・・・私は何が起こったのか?理解できず、ベンチにいるスタッフと生徒たちに状況を説明してもらいました。
その後、後半機能しなくなった右サイドから成立攻撃陣にドリブルで簡単に侵入され、マークを外した中央の⑨番の選手に難なく逆転ゴールを決められてしまいました。
その後、果敢な攻撃で反撃に出ますが、身体を張った相手の守備と、審判の不可解な判定(完全にPKでしょ)で運も呼び込めず1-2の敗戦、開幕戦黒星スタートになりました。

審判の判定にもイライラしましたが・・・飛鳥の試合内容には、もっと頭に来ましたまず、前半から決めるところを決めない!失点につながった馬鹿らしいミス!後半途中から連鎖反応のように単純なトラップミス・パスミスが多くなり、結果として相手にCKを与えるなど、完全に自滅パターンでした。
この試合をイイ薬にして、もう一度しっかりと気持ちを引き締めて、日々の練習からコツコツと過ごさないとダメだと思います。
応援に足を運んでくれた方々には申し訳ない思いでした。

 | BLOG TOP |  NEXT»»